FFTCGズキー 2011年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ChapterIII発売より1ヶ月

ChapterIII環境下で皆さんプレイを楽しんでいる事と思います。
遅きに失した感もありますが、今回は
「ChapterIIIで何が変わったのか」というテーマでお贈り致します!



まずは大前提と、発売前から公開されていた情報から
・カードプールが大幅に増えた
・氷属性の大幅強化
・新オートアビリティ「アシスト」の追加
カードプールに関しては新セットなので当たり前ですねw
選択肢が増えるのは大変喜ばしいです。
II環境の氷属性が魅力に欠けていた事から、
開発様Twitterの「大幅な強化するよ!」なんて告知が発売前から話題になっていました。
アシストは初期から公開されていた新アビリティ。
バックアップワークがより深みを増す能力です。



そして実際に発売されてみると・・・



除去の枚数が増え、以前と質の違うカードの登場
対象を選ばずフォワードを除去できるカードが複数出ました
II環境で猛威を奮った1-SRジタンへの対抗策なのは間違いないでしょう。
それに伴って以前はほとんどなかった全体除去、
複数のフォワードを除去できるカードも何種類か誕生しています。
それ以外にも新しい能力を持ったコンバットトリックカードもチラホラ。

フォワードの性能が微妙に上がり、4コストは特に強化
「場に出た時におトク」「ブレイクされたらこれで涙拭けよ」
そんな能力を持ったフォワードが多数参戦。
こちらは除去が強かった前環境への対抗策ですね。
リンク能力の追加によりフォワード性能は常に微強化されているとも言えますが、
それでいてChapterIのフォワードもしっかり選択肢に入るあたり絶妙の調整。
4コストフォワードは、1-Rオーディン、1-Uシーモアのおかげで機能しづらい、
そんな状況を踏まえて明らかに性能の底上げが成されています。
中でも3-SRヴィンセントはフィールドアビリティ、スペシャルアビリティ共に
特に強力なので環境に大きな影響を与える1枚になりそうです



ざっとまとめると・・・
環境の偏っていた部分を改善するカードが登場し、
風雷系が抜きん出ていた状況に待ったをかける

召喚獣やアシストによる除去、トリック手段が増えたために
今まで少数派だったデッキが息を吹き返す



ChapterIIIはそんな変化が予想されるセットになっています。
実際のメタゲームがどうなってるかというと・・・
若干の地域差もあるとは思いますが巷では水単が大流行している模様ですね。
管理人も店舗大会へ遊びに行くと必ず1回はマッチングされてるような気もします。
早々に飽きられてしまったのか、話題の氷系を使っている方はあんまり見ないかな・・・?
全体的には、今まで見なかった色の組み合わせを試している方がよくいる印象。
引き続き全国大会予選へ向けて研究を重ねていきたい所です!


スポンサーサイト

公式大会『CRYSTAL CUP』開催決定

ChapterIII環境下での大きな構築大会の予定は告知されていませんでしたが
正式に開催決定したようですね。

ホビージャパンゲーム開発課ブログ

エリア大会、決勝大会はChapterIV環境下とのこと。
店舗大会のみとはいえIII環境のモチベーションも大幅アップかな?
決勝大会参加枠の増員もうれしいニュース!


ご挨拶

ホビージャパンより発売中のトレーディングカードゲーム、
『FF-TCG』の考察や情報を扱うブログです

管理人は関東地方在住のいちFFTCGプレイヤー。
各種大会にぼちぼち参加しておりますので
当ブログ共々よろしくお願い致します!


プロフィール

くまにんげん

Author:くまにんげん
永遠の八王子勢

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。